子供の知的好奇心を伸ばすための幼児教育とは何か?

保育園よりも良い?幼児教育で知的好奇心を伸ばす

>

日常生活での工夫

普段の会話で知的好奇心を伸ばそう

知的好奇心を伸ばすためにやっているわけではなくても、自然とさまざまな好奇心を引き出してくれるのはやはり普段の会話ではないでしょうか。
子供は一定の時期になると「なんで?」「どうして?」とどのようなことにも興味を持ち、大人に聞いてまわります。

大人から見ると、当たり前のものに興味を持ちだすので、いちいち答えるのが面倒で適当に答えてしまうこともありますが、そこは手が空いている時間だけでも良いので、真剣に子供の好奇心と向き合ってあげれば知的好奇心は知らないうちに伸びてくのです。

答えがわからないような質問をしてくるのも子供の特徴ですので、そのような場合は一緒に考えてあげるようにすると、想像力も膨らみますし、親子で遊び感覚で考えることができます。

「初めて」を刺激に

子供には「初めて」経験することがたくさんあります。
初めて見るものや、触るもの、感じる事など全てが刺激となり好奇心へと繋がるのです。
その初めての好奇心を知的好奇心へと繋げるためには、まだ刺激が残っているうちに共に考え、答えがあるものは答えを導き出す作業、答えのない物は答えに近づくため過程をたどってみてください。

そんな普段の何気ない疑問を楽しみながら解決する作業を積み重ねていくことで、子供の知識となります。
この知識は、知的好奇心を伸ばすのにとても重要で、これから学校や家庭などで知識があるかないかで、ただの好奇心を知的好奇心まで繋げることができる確率が変わります。
知識があれば、少しの好奇心を持続できる可能性が高くなり、それが知的好奇心へと変化していくことも多くなるのです。