子供の知的好奇心を伸ばすための幼児教育とは何か?

保育園よりも良い?幼児教育で知的好奇心を伸ばす

好奇心とは?

子供はある程度の年齢となると、ほとんどの場合その年齢や状況に応じて保育園や幼稚園、それから小学校へと進学します。
日本の場合、普通の道を辿れば必要最低限と思われる以上の教育を受けることは当たり前のこととなっています。
しかし、幼児期の子供は成長していくうえでとても重要な時期であり、好奇心や探究心を育てるためには最も適している時期と言うことができるのです。
もちろん、保育園、幼稚園、小学校だけで充分という考えもあると思いますが、幼児期は過ぎてしまうともう二度と来ることはありませんので、一度試してみるのも良いのではないでしょうか。

人間の基礎を作るこの時期には、さまざまな面での効果が望めます。
勉強などの知育の面だけではなく、その子供それぞれの人間性の確立や、いろいろなことを最も吸収しやすい時期でもあり、みすみす逃してしまうのは少し勿体ないですよね。

そんな大切な時期ですが、子供は自ら自然と学んでくることもありますが、親の協力がないと学べないことがほとんどです。
例えば、幼児教室など外部のプロの方にお任せするのも一つの手段ですし、ご家庭で子供と一緒にさまざまな物に触れて感じて学んでいくのも効果的だと思います。

ただし、子供がいろいろなものを吸収するからと言って、やらせすぎには注意が必要です。
与えた分だけ吸収しますので、ついつい可能性を広げようと焦ってしまいやりすぎてしまうケースをよく耳にします。
無理にやらせすぎると、知らず知らずのうちに子供が疲れてしまい、ストレスとなってしまいまうこともありますので、子供が「楽しい」と思える範囲で行う事ことをお勧めします。

幼児教育の必要性

一言に好奇心と言っても、拡散的好奇心を基本としていくつかの種類が存在します。 どのような行動や思考が何の好奇心なのかを知ることで、知的好奇心とは何なのか、なぜ必要であるのかを考えてみましょう。 幼児教育を行う前に把握しておくと良いかもしれません。

観察から好奇心へ

目で見て、触って感じるという基本的な自然の勉強を楽しみながら行うことにより知的好奇心は育ちます。 幼児には、口頭で説明しただけでは理解しきれないことが多く、見て触ることが一番効果的な勉強法となり、そこから知的好奇心を上手く引き出していきましょう。

日常生活での工夫

知的好奇心を伸ばすために特別に学習をしなくても、知らないうちに好奇心を持ちやすい環境を作ることができます。 普段の生活の中で、少し会話などを工夫すると、日常の何気ないことでも知的好奇心を伸ばしやすい環境となるのです。 子供は親が少し手助けをしてあげるだけで、驚くべき成長を遂げるものです。